安心・安全

Safety and Security

安心・安全のための検査体制

中国で製造された製品が日本に輸入されるまでの検査体制の流れの一例です。オカフーズ商品の製造現場では、「安心・安全」のために原料、工場、製品、すべてにおいて入念な検査をおこなっています。

  • 使用原料

    トレースが取れる安心・安全な原料のみ使用します。

  • 原料検査

    輸入原料は自主検査と、公的機関(CIQ)検査が実施されます。(各検査証明書有り)

  • 製品加工

    工場内は防鼠検査、水質検査を実施します。

  • 製品検査

    製品はロット毎に抜き取りで微生物検査等を実施します。

  • 製品保管

    温度管理が徹底された冷凍庫で保管します。

  • 出荷前検査

    出荷前も、中国公的機関(CIQ)での重金属系検査などがおこなわれます。

  • 製品保管

    コンテナは温度管理を徹底し、自動温度計で正しく温度が保たれているか定期的にチェックします。

  • 日本向けに出荷

    中国商品検査局の検査をパスした製品が輸入されます。

  • 輸入審査

    日本に到着すると、通関前に厚生労働省検疫所による食品衛生法に基づいた審査が行われます。

  • 通関業務の場合

  • 通関業務

  • 冷凍保管・出荷

    徹底した温度管理のもとで保管・配送されます。

  • 要検査の場合

  • 公的検査

    モニタリング検査(厚生労働省検疫所)

    検査対象食品全般
    検査項目抗菌性物質等、残留農薬など
    検査頻度厚労省の年間計画による

    行政検査(厚生労働省検疫所)

    検査対象初回輸入食品など
    検査項目残留農薬、添加物など
    検査頻度不定期

    命令検査(登録検査機関)

    検査対象過去違反暦のある食品など
    検査項目病原微生物、添加物等

検査合格(通関業務へ)

検査不合格

破棄・積戻し

PAGE TOP