会社情報

COMPANY

環境整備活動

1.環境整備活動とは

掃除の大切さについては、”経営の神様”松下幸之助をはじめ、世の東西を問わず多くの経済人が強調しているところです。凡事を徹底することで、従業員のさまざまな能力を伸ばせることを知り尽くしていたからでしょう。

最近になって、「環境整備活動」を導入する会社が増えてきました。環境整備活動は、単に「職場環境を掃除してキレイにしたり、整理整頓したりをする」というだけではなく、もっと幅広く深い概念です。

例えば環境整備活動で有名な株式会社傳來工房様では「お客様視点で、礼儀、規律、清潔、整頓、安全、衛生を徹底的に磨き上げる活動」と定義しています。オカフーズでは株式会社武蔵野様の経営計画書を引用し「環境整備は、ただの掃除ではなく会社の文化である。環境整備を通じて、仕事のやり方、考え方に気づく習慣を身につける。仕事をやりやすくする環境を整えて、備えるのが環境整備の目的である」と定義しています。

オカフーズの環境整備活動は、朝の朝礼終了後のだいたい8時35分からスタートし、9時まで行います。毎日社長以下全員が実行し、その時間は原則環境整備以外の仕事はしません。環境整備においては、どうしたら良くなるのかを徹底的に考え、実行することが求められています。また、月に1回、会社周辺の清掃を約30分かけて行っています。

環境整備は掃除だけではありません。モノ・仕事・メール・データなどの有形・無形の不要なものを廃棄して整理整頓すること、「3定」(定位置・定品・定数)を推進すること、礼儀正しく挨拶すること、時間を守ること、肩書きではなく「さん」付けをすること、など多岐にわたっています。

2.環境整備活動のねらい

小さな成功体験の仕組み

当たり前ですが、掃除をしたところはキレイになります。つまり誰でも掃除をすることで「キレイにできた」という具体的に変化を実感できます。それは、大きなイノベーションや組織改革のような大きな変化をすぐには起こせない人でも確実に体感できる「変化」です。しかも結果もすぐに分かり、それが喜びにつながります。つまり環境整備は「小さな成功体験を積み重ねる仕組み」なのです。

習慣の大切さを理解

歯磨きに抵抗感がある人はあまりいないと思います。同じように、毎日掃除をしているといつのまにかそれが当たり前になってきます。掃除という新しい習慣が身について、毎日「キレイになる、整頓される」というプラスの変化を体験することで、社員は習慣化の大切さを理解し、変化への耐性を少しずつ強めていっています。

社員の基礎力向上

環境整備活動では能動的な姿勢がなければ成果が出ません。成果を出そうと努力する中で、気付く力、改善する力、同僚と協力する姿勢が生まれてきます。このような基礎力を社員が持った上で、社長が正しい考え方や戦略を持つことで良い会社になると考えています。社員がたとえ最初が将棋の歩だったとしても、日々成長していくことで金(きん)になることを助けていきたいと考えています。

3.環境整備を始めて良かったこと

環境整備のねらいはおおむね達成されていますが、副次的な効果もありました。社長就任当初はなにもかもがうまくいかず、眉間にしわを寄せない日はありませんでした。そんないつも不機嫌な社長に対して社員から情報をもらえる訳がありません。悪い情報ならなおさらです。したがって社員との意思の疎通はあまりありませんでした。環境整備をはじめたときも「そんなことやっても利益が出ない」、「こんなことをしているなんて社長はどうかしている」と社内外から反発を受けました。しかし、自らが環境整備を率先して行うことで次第に社員にも定着がすすみ、それにつれて少しずつ主体的に考え自主的に行動できるようになってきました。私も社員に対していちいち細かなことを言わなくても大丈夫になってきました。その結果眉間にしわを寄せる時間も減り、社内外からいろいろな情報が集まるようになってきました。その傾向は年々強くなっています。

PAGE TOP