オカブログ

BLOG

2015年8月25日

ベトナム出張記

甲子園での高校野球も終わり、暑かった陽気も徐々に秋へと変わってきましたがベトナムの暑さは絶好調です。 今回の滞在期間中にも多くのお客様に工場までお足運びいただき、貴重なご意見を頂戴することが出来ました。             クアンヒュー社で環境整備を取り入れてから初めての「第一回環境整備月例報告会」を行いましたクアンヒュー社で環境整備を取り入れてから初めての「第一回環境整備月例報告会」を行いました。現場のスッタフは毎日真面目に取り組んでくれておりますが、今後さらなるレベルアップのためのPDCA強化として兼ねてより開催を予定していた会議です。オカフーズ、クアンヒュー双方の社長、クアンヒューの各エリアリーダーが出席し、月次の環境整備実施計画と実績との対比、上手くできたことや問題点などエリアリーダーが発表します。第一回目ということで準備段取りなど問題点もありましたが、みんな頑張ってくれなんとか会議は終わりました。出来ばえとしては期待以上であったと思いますが、現地側はまだまだとの評価であったようです。将来的には日本、中国、ベトナムと三カ国のパートナー企業が集まり「国際環境整備会議」が開催できるようになったらと、夢のようなアイデアも社長の岡より起案されました。

 

引き続き夏休みを活用しての工場見学もあり、今回も業務用食品卸企業様が複数社お見えになりました。クアンヒューのスタッフはお客様の来訪を常に楽しみにしてくれており、特に「おもてなし」については先月以降、急速に色々な思考を凝らしてくれるようになりました。     お出迎え、接客、お飲み物やフルーツのご提供、応接室からトイレにおよぶ生け花など、総出で楽しみながら準備してくれますお出迎え、接客、お飲み物やフルーツのご提供、応接室からトイレにおよぶ生け花など、総出で楽しみながら準備してくれます2お出迎え、接客、お飲み物やフルーツのご提供、応接室からトイレにおよぶ生け花など、総出で楽しみながら準備してくれます3お出迎え、接客、お飲み物やフルーツのご提供、応接室からトイレにおよぶ生け花など、総出で楽しみながら準備してくれます4お出迎え、接客、お飲み物やフルーツのご提供、応接室からトイレにおよぶ生け花など、総出で楽しみながら準備してくれます。環境整備も清掃レベルから少しずつお客様目線になってきたと言えるでしょう。工場の現場で働くスタッフも相変わらず素敵な笑顔と大きな声での挨拶で、来ていただいたお客さまも大変驚かれておりました。現場スタッフと環境整備を通じて垣根のない関係作りを行ってきたことが少しずつ成果として現れてきたようです。             今回は弊社の加工原料の仕入先であるチリの生産者の方にもクアンヒュー社を訪問していただきました今回は弊社の加工原料の仕入先であるチリの生産者の方にもクアンヒュー社を訪問していただきました。今年の春に私がチリを訪問した際、是非とも加工工場を見て自分たちの販売した魚がどのような加工品になっていくのかを見たいと熱望されようやく実現しました。             旅の疲れも見せずに元気な姿で工場に到着、ここでもクアンヒュー流のおもてなしに驚き、喜んでいただきました旅の疲れも見せずに元気な姿で工場に到着、ここでもクアンヒュー流のおもてなしに驚き、喜んでいただきました。しかしちょっとした失態が・・食事の際にフォークを準備しておくのを忘れてしまいご不便をかけました。笑顔で箸を使って楽しそうに食べていただき、逆に食事の場は和みました。考えてみると初の西洋人の来訪でした、これもまた経験であり勉強です。           工場見学の最後には事務所でがっちりとミーティングを行いました工場見学の最後には事務所でがっちりとミーティングを行いました。お互い腹を割って話してみればそれぞれに悩みや困りごとはあるもの。その上で中長期的に信頼関係を築いていくことが最もローコストであることを相互確認、非常に実りある打合せができました。           オカフーズより「オリジナルTシャツ」を進呈することとなりましたちょうど今回の出張の直前に保管冷凍庫の二期工事が終わり工場隣接倉庫の庫腹が約1,500トンとなりました。この工事の終盤にクアンヒューの機械室のメンバーが突貫工事で奮闘してくれました。この奮闘に感謝し、オカフーズより「オリジナルTシャツ」を進呈することとなりました。当直のメンバーが早速着込んで嬉しそうに記念撮影に応じてくれました。生産現場と比較してスポットのあたることの少ない黒子的なポジションではありますが、オリジナルTシャツの「機械命」とばかりに機械室をショールームとしてこれからもピカピカに整備してくれることでしょう。

 

原料高騰、為替の影響など、まだまだこれからも厳しい状況が続いていくと思われますが、ブレることなくお客様に喜んでいただける商品やサービスをご提供できるよう生販共に協力して活動してまいりたいと思います。

 

商品部 武井

PAGE TOP