オカブログ

BLOG

2015年5月7日

ベトナム出張記

4月19日(日)に恒例の「工員さんお宅訪問」に行ってきました。

研修出張中の品質管理室の小笠原、営業本部の田中、総務の古市が参加しいつものようにワゴンに乗り込み出発です。

 

今回は原料処理ラインのロアンさん、ユンさん、フィーレラインのヴゥさんのご家庭3世帯を訪問しました。

 

工場近くの喫茶店で同行する工場長のティンさんと、班長のチャイさんも合流し、ワイワイと騒ぎながら30分ほど車で走りました。      工員さんのお宅訪問①工員さんのお宅訪問②1軒目のロアンさんのお家では息子さん夫婦とお孫さんも一緒に出迎えてくれました。 ロアンさんは20年近く前にご主人を亡くしていらっしゃいました。二人のお子さんを一生懸命働いて育て上げた頑張り屋母さんです。   我々のために蒸し鶏と鶏雑炊を作ってくれており、まだ9時半だというのにビールも・・・。 非常に美味しい料理で、朝御飯を食べて間もないオカフーズメンバーも、たっぷりと堪能させていただきました。         工員さんのお宅訪問③2軒目のユンさんのお宅では農業をされているご主人と娘さん家族が出迎えてくれました。       工員さんのお宅訪問④会社の様子をPCでお見せするのが恒例なのですが、ご主人、娘さん共に非常に興味を持って見てくれました。娘さんは日系の自動車部品メーカーに勤めているのですが「凄い良い会社です!」と褒めていただきました。   バイクが苦手なユンさん、自転車で1時間もかけて通ってくれていたのですが、最近電動自転車を買われたようで、通勤時間が半分になったと喜んでました。

 

3軒目のヴゥさんのお宅は兼業農家です。     工員さんのお宅訪問⑤今まで色々なお宅に行きましたが、見慣れない植物が軒下に吊るしてあります。聞けば「タバコの葉」だそうで、育てるのが難しい反面、収入も良いのだとか。       工員さんのお宅訪問⑥今は落花生や唐辛子も収穫時期で大変忙しいそうです。ヴゥさんはそんなご両親のお仕事を週末にはお手伝いをするなかなかの孝行息子です。

 

お父様は非常に厳格な感じの方でしたが、会社の様子を画像で見ていただき少し安心していただいたようです。

 

今回も工員さんのご家族と触れ、言葉は通じずとも同行したオカフーズ社員にも感じるところは多かったと思います。

 

商品部 武井

PAGE TOP