オカブログ

BLOG

2021年2月22日 お役立ち情報

お魚豆知識🐟サワラは出世魚なの?

 サワラ 

 

サワラ出世魚なの?』

 

魚の成長によって名前を変えて呼ぶことを「出世」と表現するようになったのは古い習わしである「元服」などからきているそうです。

武士は元服することで幼名から新しい名前へと変わります。

また出世したり役職を与えられると、名前ではなく官位で呼ばれたりすることから出世魚と呼ぶようになったそうです。

 

 

出世魚と呼ばれる魚は複数あり、ブリスズキボラなどが有名です。

共通して言えるのは大きさによって価格が大きく変動することです。

 

このサワラもその大きさによって、脂の乗りや身の質が大きく変わり、味の違いが現れます。

ですから同じ種類の魚でもその価値の違いから名前で区別するようになったようです。

 

 

関東ではシンプルに大きさ50cm前後でサゴチ⇒サワラと区別します。

関西ではサゴシ⇒ヤナギ⇒サワラとなりサワラは70㎝を超えるものとされています。

 

食する頻度やサワラへの思いの強さでその名称にも差があるというところが興味深いですね。

やはり関西、特に瀬戸内海周辺でサワラが古くから食用として愛されてきたことが伺えます。

 

 

これまで主に瀬戸内海を中心に漁獲量のあったサワラですが、近年では日本海や北のエリアでも漁獲されるようになり、これまでほとんど食べなかった地域でも食べるようになってきています。

PAGE TOP