オカブログ

BLOG

2015年3月24日 海外出張記

環境整備研修

3月23日、前回の濱田に続き、日本経営開発協会様主催の「環境整備研修」のため、京都にある株式会社傳來工房様に行ってきました。   傳来工房の環境整備に関するセミナーへ出席した小笠原さん2全国から参加者が集まり、今回は合計20名の参加でした。       傳来工房の環境整備に関するセミナーへ出席した小笠原さん前回同様、名前入りのカード等、おもてなしの小物が用意されておりました。       傳来工房の環境整備に関するセミナーへ出席した小笠原さん3まずは工場見学。様々な工具がありますが、それぞれの職人さんが使いやすいように知恵を出し合いこのような作業台になったようです。 縦の板が手前にスライドするので、非常に使いやすそうです。様々な部分に工夫が見られます。       傳来工房の環境整備に関するセミナーへ出席した小笠原さん4続いて事務所見学。消耗品も在庫数が一目でわかり、補充依頼カードも付いており、工夫されておりました。 まるで街の100円ショップのようです。       傳来工房の環境整備に関するセミナーへ出席した小笠原さん5営業車も見せていただきました。18万km走行しているようですが、ほこりもなくきれいなボンネットでした。

 

「環境整備」は単なる清掃ではなく、   「全員で取り組む最高の営業活動」であり 「全員で取り組む最高の品質活動」であり 「全員で取り組む最高の社員教育」である   という言葉が印象的でした。

 

毎日の積み重ねであり、5年10年かけて大きな差がでるものであるということですので、あれこれ考える前に、真似でもよいので実践してみようと思います。

 

品質管理室 小笠原

PAGE TOP