オカブログ

BLOG

2015年3月23日

海和食品の環境整備活動

 
 
中国 山東省にある、煙台海和食品有限公司は、オカフーズの海外委託加工工場の一つです。
海和食品には毎月1回~頻度でオカフーズの社員が訪問し、「工場管理」について現状確認をしたり、改善活動に取り組んだりしています。あくまでも、「監視」ではなく、「管理」を重点としていて、両社の協力で現場力・管理力を強化することを目指しています。
 
海和食品はちょうど一年ほど前から環境整備活動を始めましたが、人数が多いことや労働時間の問題もあり、工員さんも含む全員ではなく、まずは事務・冷凍倉庫・食堂・工場内事務室・技術部・品管部が中心となって取り組んできました。
 
 
 
海和食品の環境整備で、高所を定期的に清掃するようになりました環境整備活動を通じて、工場内が綺麗になったことはもちろんですが、安全面、効率面、従業員の躾、食堂の食事改善など、さまざまな良い効果が出てきています。冷凍倉庫などで、普段は清掃しづらい高所も、定期的に清掃することになりました。
 
 
 
海和食品の環境整備で、危険箇所には危険と掲示を付けるようになりましたまた、従業員の安全を重視し、危険箇所への掲示も進めました。
 
 
 
海和食品の環境整備で、食堂の主食の種類も増えました海和食品の環境整備で、食堂のおかずもおいしくなり夕飯に持って帰っています食堂では食事の改善をおこないました。山東省の主食は小麦です。主食ひとつをとっても、飽きないように様々な種類の主食を毎日用意するようにしました。おかずは季節により変化しますが、おいしく作られているので夕飯として家に持ち帰る人が多くなりました。
 
 
 
海和食品の環境整備で、定位置を決めて探す時間が短縮し仕事の効率化につながっています資材の倉庫も、定位置を決めて棚に並べるようにしたため、必要なものを探す時間が減り仕事の効率化にもつながっています。
 
 
 
海和食品の環境整備で、オカフーズ社員も7時30分から一緒に活動に参加しています。海和食品の環境整備で、オカフーズ社員も7時30分から一緒に活動に参加しています2。オカフーズの社員も、毎回、毎朝、7:30から、訪問する度に一緒に環境整備活動に参加しています。

工場の敷地は、最初はお菓子のくずやたばこのフィルターなどゴミが散見されていましたが、ここ2~3か月は特に、ほとんどゴミは落ちておらず見違えるようにきれいになっています。
 
2015年の旧正月明けから、工員さんを含む全従業員で、環境整備活動に取り組んでいくことになりました。まずは「毎日・決まった時間に・全員で」取り組むことを当たり前にし、活動がより有意義なものになるよう、これからも定期的にフォローしていきたいと思います。
 
 
 
中国現地スタッフ 品管担当 王

PAGE TOP