オカブログ

BLOG

2015年3月24日 オカ日記

北販食品の環境整備

「環境整備」はオカフーズならびに協力工場が取り組んでいる基礎力アップの重点テーマです。子会社の北販食品(加工工場)ももちろん、「毎日・決まった時間に・全員で」環境整備活動に取り組んでいます。       北販食品の環境整備の様子配管なども隅々まで、掃除します。       北販食品の環境整備の様子2更衣室の椅子の裏側も掃除します。       北販食品の環境整備の様子3工場内だけでなく、事務所でも環境整備を毎日行っています。       北販食品の環境整備の様子4工場内の床も、台車の車輪跡がつきますが、毎日きれいに磨き上げています。

 

北販食品では『環境整備』で培った基礎力で、意識・管理レベルが向上してきています。

環境整備活動を始めた当初は、「同じ場所を、定期的に2S(整理・整頓)をおこなう」ことから取りかかりました。

 

しかし今は、 「なぜ同じ場所で、定期的に2Sをおこなわなくてはいけないのか?(定期的に汚れたり散らかったりするのか)」を考え、 「2Sしなくても常に良い状態を保つためにはどうすればいいか」という、根本的な改善を考えることができるようになってきました。

 

例えば、冷凍倉庫内のロケーション管理。   以前は、製造した商品を冷凍倉庫へ入庫する担当者は、「その商品がいつ出荷されるか?」は把握しておらず、商品は製造された順番に、奥から冷凍倉庫内に保管されていました。 そのため、出荷の際には商品の出し入れが発生し、定期的に冷凍倉庫内の2Sをおこなう必要がありました。       北販食品の環境整備の様子5そこで、商品の出荷予定表を作成し、現場へ掲示することにしました。   北販食品の環境整備の様子6出荷される日、順番、商品が一目でわかるようになったことで、商品は整頓して並べられるようになり、無駄な商品の出し入れもなくなり、定期的な冷凍倉庫内の2Sも不要になりました。 また、必要保管スペースも、改善前の1/2になりました!

 

環境整備活動だけではなく、品質の向上や作業効率化などの改善活動も、全員が中心となり、日常的に、率先しておこなわれるようになってきています。

 

今後もオカフーズのグループ企業としてレベルアップを計り、「安心、安全」をモットーにお客様のニーズに応えた商品作りを行ってまいります。

 

北販食品 岸本

PAGE TOP