オカブログ

BLOG

2019年8月26日 オカ日記

上海事務所より

おはようございます

オカフーズでございます。

 

本日は、弊社 上海事務所から現地のレポートを頂きましたので、

ご紹介させていただきます。

 

(以下 本文)

 

週末、中国国内ではネットショップ大手のアリババグループに属している「ロボットレストラン」に行ってきました。

上海では、アリババロボットレストランは2店舗があります。

 

このレストランに入りましたら、様々な生きている海鮮の食材が目に入ります。

 

 

こちらのレストランにはメニューがなく、

テーブルに貼ってあるQRコードをスキャンして、スマホで料理を注文や会計する方式になっおります。

 

 

 

 

 

食器を貰うのはセルフサービスになります。

そして料理は自動で運ばれて来ます。

料理が目の前に来ましたら、「ご注文の料理は届きました、お引き取りください」という音声が出ます。

 

 

 

 

 

広いレストランには店員さんはほんの僅かです。

店員さんはキッチンで調理した料理をこのロボットの容器に入れて、送り先を設定します。

すると自動で顧客のテーブルに運ばれていきます。

 

 

 

 

 

また、このロボットレストランは二階にあり、一階にはアリパパのスーパーがあります。

 

このスーパーで買い物をすると、専用の会計用の機械で会計することになります。

 

 

 

商品のバーコードを機械にスキャンして、「顔の識別で支払うのか」と「アリペイで支払うのか」を質問されます。

「顔の識別で支払う」のを選択すると、すぐ顔を識別されて、さらに「携帯電話番号の後の4桁の数字は何か」を質問されます。

携帯電話番号の4桁を入れましたら、すぐに紐づいているカードから引き落としされます。

今回、2つの商品を購入し会計を行いましたが、全部で30秒以内で済みました。

 

 

AIはますます発達して来たこの世の中には、中国でもだんだんAIを利用するようになっています。

また、上海は2018年の1人当たりの収入は64,183元(約100万円位)であり、人件費はますます高くなっています。

アリパパはAIを店舗等に導入して、人件費を減らせたいだけではなく、いつも人々により一層便利な生活を創ることに工夫しています。

今後、欧珂上海もその理念を目指して、頑張りたいと思っています。

 

欧珂上海有限公司  高(こう)

 

 

公式ブランドサイト(お魚相談室)

https://okafoods.jp/brand/

 

公式facebookアカウント

https://www.facebook.com/OKAFOODS/

 

公式Instagramアカウント

https://www.instagram.com/okafoods/

 

公式youtubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCfpJ1bwhKcD_6bwC0CDE8Uw?view_as=subscriber

 

公式LINEアカウント  (ID:okafoods)

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP