オカブログ

BLOG

2019年4月9日 オカ日記

机の引き出しを整理しましょう

 

いつもお世話になっております。

オカフーズ マーケティング室でございます。

 

新年度になり新しいスタートを切ることが多いこの時期、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

今号では弊社の環境整備の一部について、具体的な実施方法をご紹介させていただければと思います。

 

第一回目といたしましては、乱れやすい引き出しの中にある「文具」の整理術のご紹介です。

4月入って気分も一新、ぜひご一緒にお試しください。

 

 

 

 

 

【使用するもの】

・発砲シート(厚さ5㎜)のもの (※)

・ボールペン

・定規(50㎝くらいあるとやりやすいです。短くても可)

・カッターナイフ

・カッターマット(新聞紙でも可)

・ラベルシール(テプラやネームランドなど)

・両面テープ

(※)発砲シートはホームセンターやネット通販で入手できます。

 

 

手順

①「デスクの中を整理する」と自分自身に決意表明をする

②引き出しの中の文具を一度すべて出す

③何がいくつあるのかを把握する

④同じ機能のものは1つに絞る

⑤使用頻度を自分の中で把握

⑥引き出しサイズに合わせて発砲シートをカットする

⑦発砲シートの上に文具を置き、位置を決める

⑧置いた文具の「型」を取る

⑨型通りにくり抜く

⑩発砲シートを2枚重ね、引き出しに入れる

⑪ラベルシールなどで表記をする

⑫「使ったら必ずこの位置に戻す」と決意表明をする

 

以上の手順で引き出しを整理していきます。

ポイントを絞ってもう少し詳しくご紹介いたします。

 

 

 

 

①「デスクの中を整理する」と自分自身に決意表明をする

→こちらが弱いと最後までたどり着けませんし、完成後も状態を維持できなくなります。

製作して満足しないように、堅い意思が必要です。

 

 

②引き出しの中の文具を一度すべて出す

→このタイミングで引き出しの中も磨いておきましょう

通常見えない部分も磨きこむことで、気分も一新されます。

 

③何がいくつあるのかを把握する

→それぞれについて、直近でいつ使ったのかも思い出してみましょう

一週間以上使用した記憶がないものは別途保管をしましょう(引き出しには入れません)

 

④同じ機能のものは1つに絞る

→ボールペンなど、何本もある場合は1本に絞る(「いつか使うから」と思っても結局は使わないのです。思い切って断捨離します)

 

⑤使用頻度を自分の中で把握する

→毎日終日、毎日1回、週に〇回など、一週間に一度も使用しないものがないことを改めて確認をします。

 

⑥引き出しサイズに合わせて発砲シートをカットする

→同じサイズで2枚用意します。

発砲シートが波打たないようにジャストサイズに裁断します。(←きれいに仕上げるポイントです)

 

 

 

 

 

 

 

⑦発砲シートの上に文具を置き、位置を決める

→使用頻度の高いものは手前、大きいものは奥、というルールで位置を仮決めします。

 

⑧置いた文具の「型」を取る

→上からボールペンで型を取ります。

型を取るのは1枚目のみです

 

 

 

 

 

⑨型通りにくり抜く

→カッターでくり抜きます。

歯の切れ味が悪いときれいに仕上がりませんので、先端を折って新しい刃で切るのがポイントです。

 

 

 

⑩発砲シートを2枚重ね、引き出しに入れる

→型を取っていないシートを先に引き出しに入れます

次に型を取ったシートを、1枚目に重ねるようにして入れます。

部分的に両面テープを貼ると、耐久性が増します

 

 

⑪ラベルシールなどで表記をする

→付箋に名称を書き、テープでカバーをつけても代用できます

 

⑫「使ったら必ずこの位置に戻す」と決意表明をする

→①と同様に重要なポイントです。

 

 

 

 

いかがでしょうか?

机の引き出しを全てこのようにしてしまうと、使い勝手に影響が出る場合がございますので、弊社では比較的細かいものが多い文具類の整理を中心に実施しております。

また共有している備品についても上記の手順で定位置管理をすることができます。

 

ご不明な点は是非 弊社社員にお問い合わせください。

 

 

PAGE TOP