オカブログ

BLOG

2018年4月27日 オカ日記

ベトナム工場スタッフ来日研修【その5】

【前号からのつづき】

 

迎えた月曜日の朝、いよいよ業務研修のスタートです。

やや緊張した表情ながらも元気な声で「シンチャオ!(おはようございます!)」と弊社事務所に入ってこられました。

以前に会った社員との再会を喜び社内が盛り上がります。

 

21

 

8時半からの朝礼にてフンさんからの代表挨拶、次いでフィさん、タンさん、それぞれに自分達の言葉で挨拶をしていただきました。

皆一様にまずは来日の機会をいただけたことを感謝し、滞在中は様々なことを学び持ち帰り、今後の仕事に役立てたいと話してくれました。

特に二回目の来日となるフンさんからは弊社の事務所の雰囲気が一変し環境整備が進んでいる、学んで持ち帰り伝えたいとのコメントも言っていただけました。

 

 

数十人の前で話すことは日本人でも普通に緊張します。

そんな中で研修メンバーに選出されてからの今日まで、しっかりと自覚を持って「何を学ぶか?」について考え、それを大勢の前で話すことが出来る。

本当に頭が下がります。

代表の岡からは3名の挨拶には「感謝」の気持ちが込められていました。

「当たり前だと思わずに、日々有り難さを忘れずに過ごしたい」

3名にとって最高の一週間になるよう協力して欲しい旨が伝えられました。

 

午前中は各部署を回りながらどんな業務を行なっているのかを見学。

営業会議やその他の社内ミーティングも視察し、打合せ内容なども学んでいきます。

お得意先様から電話やFAXでご注文をいただき、物流手配する様子を見ることで自分達とお客様との距離が縮んだことでしょう。

 

ランチは日頃業務でやり取りをしている商社のご担当者と初顔合わせにてご一緒致しました。

これまではEメールだけで顔の見えない相手との業務でしたが、お会いすることで相手との距離が縮まり仕事の意義も高まったようです。

 

 

 

 

 

 

 

午後は船橋にあります子会社、オカ・フードファクトリー(旧 北販食品)の工場見学に出かけました。

こちらの工場には3名のメンバーの同僚5名が、技能実習生として日本で生活しながら働いております。

中にはおよそ3年ぶりの再会となる仲間もいるので、研修メンバーも非常に楽しみにしておりました。

事務所に入るやいなや窓越しに見える仲間の作業姿を食い入るように見ます。

 

 

 

 

工場内に入り再会を喜びつつ作業を見学。

ベトナムの工場で日々自分たちが行なっている加工とは内容がかなり違うことが新鮮なようで、活発に質問が飛んできます。

ベトナム工場よりも更に少量・多品種・短納期なために求められることも違うという理解も進んだようで、新しい視点から改善を進めるネタを掴んでくれたようです。

 

 

 

 

 

 

 

夜はメンバーの歓迎会をOKA’Sキッチンにて開催しました。

今回の研修メンバー3名に加え、オカ・フードファクトリーの技能実習生5名、弊社事務所スタッフ3名と、ベトナム人が11名も集い、総勢20名での大歓迎会。

みんなで役割分担をし、飲物、食べ物、ウェルカムポスターなど「感動してもらう」を目標に協力し準備します。

今回も様々な料理を美味しいと食べていただき、お酒も進みました。

みんな本当に楽しい時間を過ごせ満足していただけたようなので良かったです。

 

 

 

【次号へ続きます】

 

PAGE TOP