オカブログ

BLOG

2017年11月10日 海外出張記

【ベトナム出張記①】

【ベトナム出張記①】
久しぶりのベトナム出張のご紹介、今回は撮影クルー同行です。ホームページや展示会、営業時に活用している工場紹介ビデオの更新ということで撮影専門の方2名に3日間同行をしていただき、工場以外にもベトナム中部の魅力を撮影しました。

 

 

① (2)

 

 

② (1)

 

 

 

かねてより重要な活動と位置づけている「スタッフお宅訪問」にも同行取材していただきました。ホテルを出発したマイクロバスは途中で工場スタッフを乗せにぎやかに走り出しました。

この日訪問したお宅は2軒、1軒目は工場から車で15分ほど南にある場所で、ご主人がクアンヒューフーズの「守衛室」、奥様が「骨取りチーム」と夫婦共に工場で働いてくれているご家庭です。息子さんもクアンヒューフーズのグループ会社で働いており、家族ぐるみで頑張ってくれてます。美味しい料理を準備してくれており、みんなでありがたく頂戴し楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

 

 

 

② (1)

 

 

④ (1)

 

 

 

⑦ (1)

2軒目は更に南西に40分ほど走った場所にある、お母さんが切身の凍結投入口、息子さんは切身用フィーレの準備運搬を担当され、ともに「切身チーム」で働く親子のご家庭です。農業をされているお父様とお祖母さんが素敵な笑顔で迎えてくださいました。週末にはこのお家で家族が一緒になりますが、平日は母と息子で工場近くのアパートで暮らしているそうです。お父さんは自分の奥さんと息子さんが働くクアンヒューフーズの様子を用意したパソコンの画像を食い入るように見て、労働環境や食事の様子を知り少し安心してくれたようです。こちらのお宅でもベトナム中部の郷土料理を準備してくれており美味しくいただきました。

⑤ (1)

 

 

⑥ (1)

 

 

 

クアンヒューフーズでは夫婦、親子、兄弟、従兄弟など親族の紹介がきっかけで働いてくれる人がとても多いです。働きやすい環境を作っていくことを弊社としてもお手伝いしてきましたが、このことはひとつのバロメーターとして注視してきました。やはり働く環境が良ければ身内の人にも紹介したくなるはずですので。

 

 

 

⑧ (1)

 

また「スタッフお宅訪問」では多くの小さなお子さんと出会います。とても人懐こくてキラキラ輝いた瞳にいつも元気をもらいます。初めて見る日本人の姿が彼らの将来に何か影響を与えることもあるかも知れない、そんな事をふと考えながら楽しい時間は終わりました。

つづく

商品部 武井

PAGE TOP