オカブログ

BLOG

2017年6月30日 オカ日記

【徹底の難しさ】

 

 

今年度のスタート月である6月がもうすぐ終わろうとしています。
新ビジョン『SHINKA2020』のひとつ「環境整備の徹底進化」に取り組んでおりますが、徹底というのは本当に難しいと痛感してます。

 

今回は環境整備活動の「振替えの徹底」について考え対策を練ってみました。

 

弊社では全体朝礼終了後の8時35分から9時までを環境整備活動にあてています。

「毎日」「必ず」「全員」で実行というのが方針ですが、

海外出張、国内出張、直行での販売活動、セミナーへの直行など、

どうしてもその時間に実施できない場合には別の時間に「振替え」を自主的に行ってもらうようにしております。

 

 

しかしながらこの「振替え」をついつい忘れてしまったりと徹底できずにおりました。

そこで今回はどうしたら徹底できるかについて様々な方法を考え、ひとつの改善案を実行することにしました。

 

 

今回考案した方法は朝の環境整備の時間に在席しなかった社員の机に

「振替えアナゴ君」と命名した、チンアナゴとニシキアナゴのマグネット付ぬいぐるみを担当者が置いて振替えのフラグとすることにしました。

 

「振替えアナゴ君」が机に置かれた社員は1匹あたりおよそ25分の環境整備を実施し、

完了したら所定の位置「振替えアナゴ君のお家」に返却します。

 

アナゴ君

 

 

振替えアナゴのお家

 

 

 

 

振替えを後回しにし続けると机の上が「アナゴの森」となってしまいますので早々に振替えを消化していくように心がけてもらいます。

こうすることで、ついつい忘れてしまうということが無くなり、徹底に向けて一歩近づくのでは?と考えました。

 

 

 

意識や心構えや管理強制など徹底に向けたアプローチは様々なやり方があると思いますが、ほんの少しのユーモアを交えながら、あくまでも仕組みとして運用できるようにしていきたいと思います。

この他、まだまだ徹底できないないことが沢山あります。

引き続きみんなでアイデアを出しながら徹底していきたいと思います。

PAGE TOP